TOP > 製品一覧 >ブロック塀の安全点検について
カリテスの紹介
バイナル部門
ピケットフェンス
レールズランチ
プライバシーフェンス
セミプライバシーフェンス
その他フェンス
ガーデン
デッキ材
建材部門
お問い合わせ・その他
お問合せ・お見積り依頼

TEL:0436-25-2765

ブロック塀の安全点検について

大阪北部地震による塀の倒壊被害を受け、国土交通省より塀の安全点検について発表がありました。そこで弊社では、ブロック塀の点検を皆様におすすめしております。
※コンクリートブロック塀などの撤去をする際の助成制度を設けている自治体もございます。

あなたのお家のブロック塀危険度チェック

ブロック塀について以下の項目を点検し、チェックがあれば危険なので改善しましょう。ご不明な点がございましたらご相談下さい。

□1.塀は高すぎないか

塀の高さが2.2m以上あると危険です。

□2.塀の厚さは十分か

・塀の厚さは10cm以下だと危険です
(塀の高さが2m超2.2m以下の場合は15cm以下)。

□3.控え壁はあるか(塀の高さが1.2m超の場合)

塀の長さ3.4mごとに、塀の高さの1/5以上突出した控え壁がないと危険です。

□4.基礎があるか

コンクリートの基礎がないと危険です。

□5.塀は健全か

塀に傾き、ひび割れ(クラック)があると崩れる恐れがあるので危険です。

□6.塀に鉄筋は入っているか

塀の中に直径9mm以上の鉄筋が、縦横とも80cm間隔以下で配筋されており、縦筋は壁頂部および基礎の横筋に、横筋は縦筋にそれぞれかぎ掛けされていないと危険です。

□7.根入れの深さは十分か

基礎の根入れ深さは30cm以上ないと危険です
(塀の高さが1.2m超の場合)。

PAGE TOP